スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を。

あと数時間で2011年が終わりますね。
紅白を見ながらまったりと思っていたのですが、いろいろと未処理なものを発見し、大晦日の夜にせっせと書類のPDF化の為にスキャン等をしまくっております。今年のことは今年のうちに。

この1年、自分の事、日本の事、世界の事を思い出してみるとすごく長かった気がします。
振り返るのは、年が明けて豊富なんかを考える時にまたしようと思います。

あんまり更新しませんでしたが、来年もぼちぼち行こうと思います。
それでは、皆さま、良いお年を。
スポンサーサイト

グレーテルのかまど「パディントンのマーマレード」

NHK好きなもので、番組紹介が続いております。今回は、直接英語を学ぶ上で関係ないのですが、是非ともレシピが「パディントンのマーマレード」なので紹介しておきたいのです。

イギリスのマーマレードは、“苦味”が特徴な為、スペイン産のセビルオレンジでないとその味が出ないらしい・・・モリモリ食べておりましたが、全然気がつきませんでした(爆)。その“苦味”を日本で出すために、なんと柚子のマーマレードを作っておりました。検証の為にも今度挑戦してみようかしら。

番組で作ったそのジャムをなんと、作者のマイケル・ボンドさんが試食しております。現在86歳のマイケルさん、7ヶ月掛けて新作を書き上げたそうです。実は、サラリーマンだったマイケルさんは、家族の為に書き始めたのがパディントンのお話だったそうです。ちなみにブラウンさんと奥さんのモデルは、マイケルさんのご両親だそうです(ブラウン夫人とお母さんのお名前は、共にとMaryです)。そしてパディントンが首からぶら下げていたタグ・・・これについてボンドさんが語ったこと・・・泣けてしまいました(胸が痛くて)。

今週金曜日の午前11時から再放送がありますので、ご興味のある方は是非☆

NHK グレーテルのかまど「パディントンのマーマレード」

【多聴用】地球ドラマチック

thechoir.jpg

元々は、英検対策で見始めたのですが、毎回録画して鑑賞してみるとあることに気づきました。全ての放送がバイリンガルで、且つそれがイギリス英語の可能性が極めて高いと言う事(豪語の場合もあると思いますが・・・)。

ちゃんとリサーチした訳ではありませんが、ヨーロッパのテレビ局で放送されたものは、ほぼ間違いなくイギリス英語寄りの音声となっております(各国で若干訛っている気がしないでもない)。但し、どこか他の国、例えばナスカの地上絵などを取り上げた内容の場合は、現地の学者が解説することがあり、その場合は、その現地の言語で話す場合があります(ペルーなのでスペイン語?)。この場合は、主音声に切り替えれば日本語吹き替えで確認することが可能です。

実際にイギリスで放送されたものが放送されることもよくあり、中でも私、個人が大好きなのが合唱団指揮者ギャレス・マローン氏が合唱指導をして寂れた町に活気を、そして人々に絆を・・・と言うコンセプトの放送分。過去に何度か放送されており、今でも時々録画したものを再度見たりしておりました。

そして実は、昨日放送分が、なんとそのギャレス氏がロンドン郊外のサウスオキシーでの合唱指導した分の続き。市民合唱団を結成した回から見ているので、町の人の顔も何となく覚えてしまっております(「この人、葛藤していたよね」とか・笑)。この放送分の最も良いのが、(当たり前のことですが)町の人が現地の英語で話していると言う事。リスニング教材では味わえない、生きている英語なのです。なので容赦してくれません(特に子供)。ギャレス氏の英語は、非常に分かり易いのでいきなり面食らう場合もありますが、非常に面白いと思います。

ちなみに今晩、深夜0時より昨夜分の再放送がありますので、ご興味のある方は是非☆
※この分の続編は、2月に放送されるそうです。

NHK 地球ドラマチック

第167回TOEIC

今週、お気に入りのブロガーさんが、11月のTOEICの結果を記載されているのをRSSで読みながら、訪問してコメントをすることを我慢していたのですが、実は、こっそりと私も受験しておりました。

受験します・・・と言うことを一切告知していませんでしたが、前回9月分の結果が返って来た直後茅ヶ崎の大先生に「まぁ、あんなもんでしょう」と言われ、何となくもう一回頑張ってみようかと思ってしまい、受験受付に間に合ってしまったので、申し込んだ次第です。

申し込んだ時は、「今度こそ800点を越えてみるわよ」と思い、若干頑張ったり、1冊書籍を購入したのですが、このモチベーションが続いたのはたった2週間で、それ以降、11月に入ってからは多読しかしていなかったと言う(リスニングに関しては、一切聞いてもいないと言う・爆)。なので、底上げ無しの実力に等しい結果となるかと思います。

またしても某大学まで行って行ってきました。ふと「あら、頻繁に来ている気がするわん」と思い、ここ半年で3回も来ていることを考えば確かにそうだわ、と思った次第です(普段は、一切近寄ることがない場所なもので)。道中、TOEICに関する書籍などを一切持って来なかったので、電車で爆睡、教室でもまどろんでみたりしました。

今回の課題は、「時間内に問題全てに着手すること(塗り絵厳禁)」&「塗り間違えないこと」。個人的な感想ですが、9月より全体的に若干易しい気がしました。リスニングは「はいはい、Bね」と言う具合で、リーディングも「Cやね」など。なので、時間内に終了し、且つ、5分も余ってしまいました。塗り間違いもなく、結果どうであれ課題は達成しました。

そして本日・・・クリスマス・イブに、結果が届きましたよ(笑)。

» Continue Reading

【進行中】HP4が全然進まない件(第20章まで)

397/796頁
先日記載しました『HP4が全然進まない件』ですが、体調不良ながらもおかげさまでやっと半分まで来ました。内容をちょっと記載しておくと、卵を取って仲直りした所までです(ネタバレかもですが・汗)。前回にも記載しましたが、映画ではやっぱりはしょられている箇所が多々あり、そうかそうだったのか的な部分が多く見られます。映画版は原作を読了したことを前提に作成されているのだと改めて思いました。それから映画版を先に観ることで視覚的に分かる部分が多いけれど、読み進めていく中でのワクワク感は半減してしまうと言う、自分の中で賛否両論を繰り広げてしまった。その結果、もしかすると翻訳本→映画→原書と言う順番が良いのかもしれないぞ・・・5巻は、相当長いのでこの方法で取り組もうかしら。

そんなことを考えながら、4巻はここのまま突き進むとしても残り10万語と言う具合で、年内読了と言うのは無理かも知れぬと思い始めました。twitterにも呟いたのですが、正直な話をしますと、もともと思い入れがすごくある訳ではなく、個人的に“イギリス映画”と言うカテゴリーで思い存分素敵な英国俳優が見れると言う要素が大きい・・・原書は、おもいっきり難しいとも思わなければ、単語も8割以上分かるのに入り込めないぞ・・・はい、これではこの壮大な話には今後も乗って行けぬと思いまして、話を整理しつつ、感情移入する為に第1巻~第3巻の映画版を鑑賞してみようと。その結果、これが功を奏し、頭の中を整理できてなかなか良い具合に進めるようになりました。

鑑賞していて不思議なことが多々あったのですが、ネタバレになるので、その辺は続きに記載しておきます。何よりもビックリだったには、『炎のゴブレット』を見た後に『賢者の石』を見ると、恐ろしく皆が幼いと言う(笑)。あんなに小さかったとは驚きです(当たり前ですが・笑)。

Harry Potter and the Goblet of Fire (UK) (Paper) (4)Harry Potter and the Goblet of Fire (UK) (Paper) (4)
(2001/03/24)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

» Continue Reading

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。