スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年第1回 実用英語技能検定 準1級 一次

6月12日。
毎回の如く、切符が恐ろしく高い某高速鉄道・・・しかも今回は終点まで揺られて某大学にて受験しました。交通費が嵩むとは言え、実はこちらの学校、過去の某点数式英語テストでは、受験の度に50点以上向上したと言うような、良いジンクスのある大学でして。偶然とは言え、少々喜ばしいと思ってしまいました。

今回の目標
過去2回と過去問の分析からして
大問1~3:40/51点
作文:10/14
リスニング:30/34点
合計80点で一次通過・・・と言う予定。

ホンマかいな、とりゃっ。

» Continue Reading

スポンサーサイト

英字新聞のすゝめ。

英検の合格点が発表されましたね・・・自己採点後、学校の先生には、作文が白紙でない限り大丈夫と言って頂きましたが、後日、もしかすると長文1問落としていたかもと言うことが発覚して以来、塗り間違っている箇所もあるかもと落ち着かない(長い文章だ)。何はともあれ、金曜日に確認するまでどうすることも出来ないので考えないようにしたいけれど、不安材料を探してしまう今日この頃(爆)。

なので、気分転換としてブログを更新しようかと思ったのあります(もう眠いのに)。

今回は英字新聞について書いてみようと思います。書籍での多読が停滞したのは、実は英字新聞を読み出したからだったりします。当初は、英字新聞なんて難し過ぎる(つまらない)、それに過去には何度も挫折したと思っていたのですが、案外読めることが分って以来、手軽に楽しめる多読材料として活用しています。

で、英字新聞を読む極意(大袈裟)なんですが・・・

隅々まで読もうと思わない。後日読み直そうと思わない。

と言うことに尽きると思うんですが、どうでしょう?

» Continue Reading

【進行中】再読:The Curious Incident of the Dog in the Night-time

記事の書き方(自分なりのルール)を忘れたので、過去記事を参照すると言う情けない状態でございます(爆)。

英検も終わり、小休憩中な為、この機会に毎回何かを読了しようと試みるのですが、何と言っても一番満喫したいのは“読了感”なので、少々負荷のかかるものに手にしまいがちです(昨年はHowlだったと思います)。

なのですが、ちょっと前にこの本のことをお気に入りのブロガーさんちでお話に出たこともあり、何処かに引っかかっていたらしく、すぐに手に取ってしまいました。前回読了したのが約3年前でYL4と言う事もあり、負荷なく読み進めてしまいます。しかしやっぱり負荷・・・と思い、昨夜未読本を手にしたのですが、あんまりグっと入り込めなかったので、こちらを読み進めようと思いました。

と言う事を記載しておかないと、またフラフラしそうなので、進行中と言うことを記しておこうと思いまして・・・多読ブログに特化しているはずのブログですから、ちゃんと多読の記事を記載しておかねばと(笑)。


The Curious Incident of the Dog in the Night-timeThe Curious Incident of the Dog in the Night-time
(2004/04/01)
Mark Haddon

商品詳細を見る

再開いたしますよ。

お久しぶりでございます。
サイドのグリムスのクッタリ具合や広告の表示があるにも関わらず、足しげく訪問して下さった皆様、本当にありがとうございます。本日より、ゆるゆると再開いたします・・・休止するとも全く言っていなかったご無礼、お許しください。

日曜日が英検だったこともあり、さぞかし英検に精を出していたと思われるかもしれませんが、本人、全くもって精を出していた気がしておりません。寧ろゆるみっぱなしだったと思います。最終的には、ダメでもまた受ければ良いくらいに・・・ま、これには少々理由があるのですが、それに関してはまた後日、英検のネタを記載する際にでも。

茅ヶ崎も先月より新しいレベルに出席しております。当初は強者ばかりのクラスかと思ったのですが・・・もちろん出来る方ばかり、でも自分もちゃんと付いて行けるレベルなのです(だから進級させてくれはったんですが・汗)。出来る限りのことをやって望んでいるので、今の所大丈夫です。

さて、多読です。そろそろ何か長めのものを読みたいと昨夜、数年前に読んだ本をもう一度読み始めました・・・が、予想以上にスラスラ進むので、もうちょっと負荷の掛かる物に買えようかと考え中です(読了感を味わう為に)。

ブログ巡りも最近まで、RSSでコッソリ読ませて頂いているばかりで訪問しておりませんでしたが、こちらも再開いたしますので、またよろしくお願いいたします。

以前、訪問者の傾向を分析で調べた所、イギリス英語関連の検索ワードで来て下さる方が結構多いことを知りました。なのでイギリス英語に特化したブログにしていけたらとも考え中。多読の記事も含めてブログのカテゴリの整理とかもやって行こうと思います。記事の更新に関して、とりあえず当分は、二次対策(1ヶ月予定)>時事英語(茅ヶ崎)>多読と言う割合で取り組むので、そう言ったネタになるかと思います。ゆるゆるがモットーですが、今後ともよろしくお願いいたします。

りとる

追伸:
英会話にも行っていますが、やっぱり何と言うか・・・ウマが合わないと言うか・・・他の教室 or オンラインを検討中(うちの回線で問題ないかが問題なんですが・・・)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。