スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本まるごと英単語帳―英語で伝える日本の文化


日本まるごと英単語帳―英語で伝える日本の文化 (語学シリーズ)日本まるごと英単語帳―英語で伝える日本の文化 (語学シリーズ)
(2011/03/19)
江口 裕之

商品詳細を見る

先週、ぶら~っと寄った本屋さんで何となく手に取り、即ものすごく良書だと言う事に気付きました・・・と書くと大袈裟に聞こえるかもですが、少なくとも私個人にとっては、100%価値の有る良書です。

と、言うもの、まず日本に関する単語がズラ~リ。海外の方に日本の文化を説明する際に、洋書や単語帳には載っていないであろう単語を使用する可能性が非常に高く、回りくどく説明して何となく分ってもらったりする場合があります(まぁ、私の語彙力に問題があるのですが)。ちなみに、初めて英国へ行った時に鰹節を説明するのに難儀しました。結局、帰国後日本在中の英国人に聞いて「Dried ボニィトォ(未だに綴りが・・・)」と言うのを覚えました(ニジマスを適当に「レインボォ ツゥラウト」と言ってみたら、正解だったと言うような奇跡も時々ありますが)。そんな場合にも適応するであろう多くの単語がこの冊子には凝縮されています。

とても素晴らしいと感心したのですが、そりゃそうですよね、NHK『トラッドジャパン』でおなじみ江口裕之さんの書籍なんですよね。江口さんが著者と言う事は、そうです、英文に関する事、CD吹き込みなど、おなじみのStuart Varnam-Atkinさんが携わっています。ご存知の方ならもうお分かりかと思いますが、こちら、イギリス英語仕様でございます。あぁ、素晴らしい。イギリス英語で日本の単語を知れるとは・・・『トラッドジャパン』のテキスト&録画を溜め込んでいる身分ですが(なのに新シリーズのテキストも既に購入済、そして録画の設定もしました←放送曜日及び時間が変更します、詳しくはNHKで)、何とも満足な書籍だこと。そして、もうひとつものすごく素晴らしい点が・・・なんと、CDが別売りなんです。時々「CDいらないから安くしてくれんもんかなぁ」とボヤくことがあるので、この仕様はホント素敵。今回は英国語音源な為、ボヤくことなく、寧ろ率先して購入しましたが、今後はこのスタイルの書籍が増えると良いなぁ。

日本の文化を英語で紹介してみたい方(『トラッドジャパン』の売り文句ですが・汗)、そして英国英語贔屓の方、機会があれば是非!


CD 日本まるごと英単語帳―英語で伝える日本の文化CD 日本まるごと英単語帳―英語で伝える日本の文化
(2011/03/16)
江口 裕之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

英会話の講師が替わりました。

調子が悪くても、比較的テキトーに過ごせる為、学校と英会話には行っていました(いや、茅ヶ崎はテキトーにはできないけれど、楽しいので大丈夫だった)。

2月の末にいつものやんちゃくれなMancな講師と他愛のない会話をしたり、BBCの記事を読んだ後に、まつわる単語を使用してexplanationをするあの過酷なレッスン(例の事件が発生したヤツ←過去記事)とかしてたんですが、全く辞めることを知らず、後日届いたスクールのメールで知りました。

辞める前にお礼の一つも言えてないじゃないかって、慌てたのですが実はこの講師とは、このスクールに行く前にも遭遇していた経緯があり(これまた過去記事)、当初はその事を言おうか言うまいかと悩んでいたのですが、パソコンで写真なんかを見せてくれた際に、知っている人が何人も写っていたものだから「実は・・・」ってお話をしました。しかーし、彼の方は全く覚えていない・・・来日してすぐにいっぱい日本人に会った(当たり前)から覚えていないってそりゃそうだ。で、元々、彼の大親友の方を知っており、且つfacebookでも繋がっていたので、この機会にお礼を言うのと共にフレンドリクエストも出してみたら、快くOKしてくれてちゃんとお礼も伝わりました(辞めた理由も聞かせてくれるとは思いませんでしたが・・・)。

イギリス人であり、且つManc出身であると言うのは貴重な存在だったのですが、致し方がないと言うことで新しい講師に期待して、イギリス人が駄目ならオージーでも、と懇願していたのですが・・・アメリカ人でした。

» Continue Reading

心も疲労するらしい。

こんばんは。

久しぶりに自分のブログを見てみたら、更新されてませんと言う証しとしてスポンサー広告が出ておりました。ブログに限らず、メッセージやメールの返信も滞っている状態で、ご迷惑をお掛けしております。やけに体調が芳しくないと思い、無理をしないようにしていたのですが、中々回復の兆しが無かったので検査とかもしてみたのですが、異常もなく・・・そんな時に、何気に話した会話の中から、学校の先生に「あぁ、心が疲れていると思うわよ」と言われ、原因が分かった次第です。だから幾ら眠ったり身体を休めたりしても、疲れが抜けなかったんだと。とりあえず、回復する為には、“やらなければならない”ことをやらないようにしようと思い、真っ先に英語の学習を止めましたよ(爆)。英語は好きなんですが、学習は一番嫌だったらしい。その代わりに自分の一番好きな事をしようと始めたのが、大河ドラマを見るという事。一気に50話DVDで借りてみました。しかも原作も読みました。戦国武将大好きだ。

少しずつ回復した兆しが見えた所に、あの大震災が起こりました。私は大阪在中ですが、かなり長い時間、横揺れを感じました。その晩、自宅に帰ってTVで状況を知って、言葉を失いました。実は、その震災の日、東京から友達が来る事を知っていました。メールを送っても返事が来ないので、とても心配しました。何度も連絡をしようと思ったのですが、彼女は仙台出身なのです。良くないことを考えたくないとは言え、状況が状況だけにものすごく心配しました。翌日、改めて連絡した所、金曜日の午前中に大阪に着いていたので、本人は問題なく、加えて仙台のご家族も皆無事だと言う事。しかし、私も過去にお会いしたことのある友達の実家が津波で流されたと言う。すごい現実を突きつけられた感じがして、とても苦しかった。

少し落ち込みましたが、回復しつつあったこともあり、とりあえず自分ができることをと探した結果、現在、twitterで翻訳をやっています。英語の学習は嫌だけど、これは自発的にできるみたいです。義援金への募金も考えましたが、こんな状況の中でも悪いことをする人がいると言うことを聞いたので、現状は少し様子を見ています。自分にできることと言えば、これくらいしかないので、取りあえず1日に何個も出来てませんが、当分続けてみようと思います。それから、週末には献血に行こうと思います(献血ができない場合がある体質なもので、できるかどうかは不明)。少しでも役に立てればと思っています。

近況を兼ねて記載しました。半ば休止状態のブログなもので、返信もままならないかと思います。ご了承ください。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。