スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿はマンキお金はマニ―日本人のための英語発音ルール


猿はマンキお金はマニ―日本人のための英語発音ルール猿はマンキお金はマニ―日本人のための英語発音ルール
(2009/01)
ピーター バラカン

商品詳細を見る

日本のテレビで見かける数多くの英語圏の方々。しかし、米国人が多数いるにも関わらず、英国人ってあんまり見かけない気が・・・なので私の中では、英国人タレント(和製英語)と言えば、昔からこの作者ことバラカン氏、とは言え、一般的な番組にはあまり出演していない為、ご存知ない方もいらっしゃるかと思いますが、CATVでの音楽チャンネルやNHK『トラッドジャパン』の基盤となっている『Begin Japanology』と言えば、合点が行く方もいらっしゃるかと(それでもかなり偏っている気が・汗)。そんな関連から、この書籍もNHK出版から発行されております。価格が800円と言うことなので、購入を考えましたが図書館にあったの、取りあえず借りてみました。

こちらの書籍は、日本人が陥りがちな発音の問題を分り易く説明してくれてはります。ちなみに某書評にも記載されていたのですが、イギリス英語での説明になります、念のため。で、注目すべき点は、発音をカタカナ表記にしていると言う事。著者も本文で記載されていますが、カタカナでの表記にも限界がある為、太字を使用したり網点を使用したりと強弱を表現しています。実は、私、発音記号が今イチ分っておりません(爆)。いや、もちろん読めますよ、けれども正しく発音出来ているか分りません。なので、昔からなんですが、発音ができない単語は聞こえたままカタカナで記載しアクセントの位置だけ記して、いろんな所に書き込んでいます。そんな訳なもんですから、この書籍はまさに私の為にあったようなものだった、しかもイギリス英語・・・実際に、出て来る単語を自分なりに発音してみると、9割近くそのカタカナ表記と同じと言う事を知り、喜んでしまいました。いやぁ、この本買っちゃおう(笑)。

発音をカタカナで記載するなんて・・・と、敬遠される方も中にもいらっしゃるかもですが、正しく発音出来ない発音記号を覚えて、それを書き記すよりマシだと思います。実際に“I got it.”を個々の単語を正確に発音して“アィ・ゴッ(ト)・イッ(ト)”よりも“アィガッチャ(米)”“アィガッイ”と言った方が通じると思うんですよ(これは極端な例ですが)。他には“ライブラリー”より“ライブリィ”とか。個人的な見解ですが、日本人が欧米人のような発音になる必要はなくて、ある程度発音矯正してアクセントの位置を間違えなければ、ほぼ問題ないと思うんです。あとは、言い換えられるボキャブラリー(りとる的に発音するとヴォカァブリィ・笑)があれば、大丈夫かと。

と、この手の話をし出すとまた長くなるので(笑)、この辺で。
あ、そうそう。バラカン氏も記載されてましたが“w”の音の事。昨年英国で発覚した私の発音プロブレム(プロォブレェム←しつこく表記・笑)が、まさに記載されており、そうなのか日本人が陥る問題だったのか、と言うことが発覚。在英経験のある友達にも「思いっきり口を尖らせて」と言われたんですが、バラカン氏も全く同じことを記載してはりました。ちなみにこの日本人の“w”の音、米語では問題ないようです(検証済)。
スポンサーサイト
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。