スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤サムと読む ニュース英語入門 1


伊藤サムと読む ニュース英語入門 1伊藤サムと読む ニュース英語入門 1
(2010/06/25)
伊藤 サム

商品詳細を見る

本日、本屋さんで“買ったは良いものの、最後まで読まないので極力買わないでおこう”といつも思う『AERA English』を買ってしまいました・・・理由は、伊藤サムさんが沢山掲載されていたからです(笑)。なので今回はしっかり読もうと思います(爆)、そんなことよりも以前に読了していたこの書籍を記載するのをすっかり忘れていたので、この機会に記載しておきます(汗)。

これからニュース、特に英字新聞を読んでみようと思う方には、非常にお薦めです。英字新聞は、一見難しいと思われるかもしれませんが、実は慣れると非常に楽チンな読み物なのです。私も以前は、全然読めませんでした・・・読みたいとも思いませんでした(爆)。でも多読で長い物語を読むよりも楽なことに気付いた時から大好きになりました(英字新聞については、また次回)。

で、この書籍なんですが、出版社がThe Japan Timesで、且つ元編集長でもあるサムさんが選りすぐりのニュースを取り上げている為、非常に分り易いです。個々のニュースで注目すべき箇所にも詳細が記載されている為、背景知識が無くても分ります。おまけにこの1巻(?)には、英字新聞で使用される見出しの法則を丁寧に教えてくれます(ちなみに2巻は、反訳について←まだ買っておりません・汗)。音源も通常のペースに加えてゆっくりペースのものがある為、シャドーイングの教材としても使用できると思います。

本当、サムさんの書籍は良書だわ。『やさたく』といい『プロになる』といい、私にはすごく役に立っています。
スポンサーサイト

【映画】Tron: Legacy

Tronlegacy.jpg
劇場・日本語字幕

父親が創造した“トロン”と呼ばれるコンピューターの世界へ導かれた若者が、命を狙われながらも人類の存亡を賭けた死闘に挑むSFムービー大作。新鋭ジョセフ・コシンスキーが監督を務め、若者を『エラゴン 遺志を継ぐ者』のギャレット・ヘドランドが、父親を『クレイジー・ハート』のオスカー俳優ジェフ・ブリッジスがそれぞれ好演する。予測不可能なドラマや、スタイリッシュな近未来的映像などを迫力の3D映像で堪能したい。~Yahoo!より


異常なまでに思い入れがある為、即前売り購入&観に行って参りました。で、その思い入れなんですが、前作があったからこそ且つて私はグラフィックデザインなんかをやっていたと言っても過言ではなく、本当観ていなかったら人生自体も変わっていたかも・・・と大層なことを書いていますが、デザイン自体は全くこの世界の物と違っていたりするのですが(汗)。

そんな余談はさておき、本編に触れたいのですが、公開してまだ1週間なもんなので、続きに書こうと思います。

» Continue Reading

【映画】Flood


デイ・アフター 首都水没 完全版 [DVD]デイ・アフター 首都水没 完全版 [DVD]
(2008/10/24)
ロバート・カーライル、ジェサリン・ギルシグ 他

商品詳細を見る

地上波・字幕なし

晴れ渡った秋の日、ロンドンの街並みはいつもと同じように美しく平穏だった。しかしその頃スコットランド地方はハリケーン並みの暴風雨に襲われていた。エンジニアのロブ(ロバート・カーライル)はテムズ河口に設けられた巨大堤防・テムズバリアの点検のため、別れた妻のサム(ジェサリン・ギルシグ)に呼び出される。同じ頃、ロブと疎遠になっている父親で天才科学者であるレナード(トム・コートネイ)は以前から指摘しているバリアの欠陥から、暴風雨による高波がロンドン市街を襲う危険性を気象庁に指摘したが取り合ってもらえなかった。ロブは父とのわだかまりを持ちながらもスコットランドの惨状を知り、警告が現実になることをする。 そしてロブ、サム、レナードは副首相(デビッド・スーシェ)や緊急対策 委員会“コブラ”のメンバーと共にロンドンを襲う危機に立ち向かう! ~Amazonより~


昨夜放送されていた邦題『デイ・アフター 首都水没』、タイトルからして「どぉせ、アメリカン・パニック映画に違いない」と決めつけ見ないでおこうと思っていたものの、いざ放送が始まるとなんとほぼイギリス英語で舞台はロンドンではないか~いって事で急遽試聴(『行列~』からチャンネルを替えて良かったよw)。

さて物語は、このDVDジャケットを見て頂くと分る通りの展開で、想像通りにお話が進みます。しかも少々作りが雑・・・時々イギリス映画であるんですよね「あれれ」な作品が、特にパニック系(ホラー含む)やアクションもの。但し、英語は比較的聞き易いです、Robert Carlyle以外は。以前のことを思うとかなり聞き易くなったと思いますが、やっぱり難易度高めです(Glasgow出身だから仕方がないのかのぉ)。楽しみにしていた訳ではない為(爆)、俳優陣にも思い入れがある訳ではないので、適当に見れて案外楽しめたのかも・・・但し、息苦しい場面が多い為、やたらと力が入って疲れました。あ、ちなみに俳優陣に関して、ドラマ『ポアロ警部』でポアロを演じていたおっちゃんと“元サッカー選手”的な役柄でちょくちょく見かけるおっちゃんが出ていました(本当、必要のない情報ですがw)。

【開始宣言】Dewey: The Small-Town Library Cat Who Touched the World

お風呂で読む『嵐が丘』や通勤で読む新聞とは違って、無性に多読をやりたい、何かを読了したいと言う衝動に駆られて、最近入手した本を手にしたのですが、全然話に乗れず・・・。そう言う訳で、何を読もうかと(積読本の方が多い)本棚を物色してみたら、そうだよ『ヒツジ読みだよ』と気付き、手に取ったらまんまとガッツリ第1章で掴まれました。やっぱり実話はリアルだわってそのままなんですが(汗)。まだ1章しか読んでないけれど、単語はそれほど難しくない気がします。

現在、モチベーションが高いので、この勢いで行ければサクっと行けそうな気もしますが、気忙しくなると長引くかもなので、まったり読み進めてみようと思います☆

Dewey: The Small-town Library-cat Who Touched the WorldDewey: The Small-town Library-cat Who Touched the World
(2009/10/01)
Vicki Myron

商品詳細を見る

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。