スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年第2回 実用英語技能検定 準1級

前回同様に記載してみよう。

10月17日。
またもや切符が恐ろしく高い某高速鉄道に揺られて、前回と同じ大学へ向かいました。今回は、意識が朦朧としていた為、1番ではなく3番だったけれど、早歩きして教室に1番に入りました。前回と違い、今回は2つの教室が設けられていたことを考えると、受験者数が多かった模様。同じ教室には完全に小学生ですな子が2人もいて、片方はしきりにDahlのWitchesをガッツリ読んでました、もちろん洋書で。でも、そんなことはどうでも良かったのです。

今回の目標
過去2回と過去問の分析からして
大問1~3:39/51点
作文:10/14
リスニング:28/34点
合計77点で一次通過・・・と言う予定。

うにゃ~。

» Continue Reading

スポンサーサイト

Harry Potter and the Deathly Hallows TV spot

11月には公開するのですね(英国だけでなく日本でも?)。
とは言え、まだ『アズカバンの囚人』までしか見ていない私からするとかなり先になりそうなんですが(汗)。
ご興味のある方は、トレーラー見て下さいね。
そして『えっ?』と思って頂ければ幸いです(笑)。私もビックリして2回見ました(笑)。



元ネタはこちら

【多聴用】LIVE from LONDON


LIVE from LONDON ナマのイギリス英語を味わう!LIVE from LONDON ナマのイギリス英語を味わう!
(2003/05/09)
岡田 久恵

商品詳細を見る

最近、予想に反して我が家にやって来た新しいガジェットは・・・ラジカセ(爆)。
ええ、何年も前からiPodやらMP3プレーヤーを持っていますが、ラジカセ。
と、言うのも茅ヶ崎で使うのがカセットなもんだから、苦肉の策に買いました(今まで両親のミニコンポからMDへダビングしていました←それでもMDて)。

カセットだけしか使用しないものどうかと思い、「おぉ、そうだ、サムさんの本に書いてあった四六時中聞き流しをやってみよう」かと。本来ならば「やさしいをたくさん」なんですが、適当に選んだのがコレ。

発売当時は、本当聴きまくりました。このCDの始まりが飛行機の中でのアナウンスな為、当時KLMを利用して渡英をしていたこともあり、ものすごくテンションが上がりました(笑)。あと何気ない会話もイギリスらしいものが取り入れられており、間さに入る地下鉄のアナウンスとかも聴いててドキドキします。

今回、聴いてて気付いたのが北部行きの列車のアナウンスがあったこと。"....to London King's Cross. The train will call at....York, Doncaster, Peterborough and is scheduled to arrive..."、これってまさに昨年の渡英時に乗った長距離列車の路線なんです。やっぱり想像で聴いているよりも経験と言うものがあると、今まで聴こえていなかったものが何故か鮮明になるんですね。すごい。

最近では、イギリス英語の教材が沢山出回っていますが、耳障りの良いものになっているものが多い中、この音源は本当に良く出来ていると思います(実際にロンドンで録音、しかも現地在中の本物のスタッフの音声らしいです)。まさにLIVE from LONDON。同じイギリス英語とは言え、それぞれに違うので、聞き比べるだけでも面白いです(私だけかも・汗)。ちなみに前半の方に入っているパブで話している男性二人の会話がなかなか聴き取れません。たぶん、酔っぱらっているのかと(爆)。

古い本なので図書館にもあるかもです。ご興味のある方は是非☆

英語は「やさしく、たくさん」


英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)
(2003/12/12)
伊藤 サム

商品詳細を見る

以前、どこかの記事にも書いたかもしれませんが、私、NHK『ビジネス英会話』に時々講師として出て来る伊藤サムさんが大好きなんです♪
過去に大好きだった方と言えば、ドミニク・チータムさんくらいで、あんまり講師で書籍を選ぶ事をしないのですが、この伊藤サムさんの書籍をできるだけ読んでみたいと言う衝動にかられています、まさに今(笑)。
で、手始めに図書館で調べたら(買わないと言う・・・ごめんなさい、サムさん)何冊か見つけて、リクエスト待ちなどもあったのですが、こちらは比較的早く手元に届きました。

タドキストの皆さんには、この「やさしく、たくさん」(サムさん的に言うと「やさたく」)の概念は、すぐに把握して頂けるかと思います。但し、こちらの場合は、ちゃんと英文法も学びましょうと言うことも含まれています。これは、私も多読をやっていて勉強した方が良いのではないかと思っていました。

» Continue Reading

1周年・・・我ながら、なかなか進歩。

いやいや・・・昨日で解放された感が・・・あるはずが、自分の不甲斐なさに撃沈。今は言い訳しか出て来ない気がするので、結果分り次第報告いたします(汗)。

さて、何が1周年かと言いますと、茅ヶ崎方式に通い出して1周年ってことなんです。
実際は、昨年の10月からだったので、数週間前にテキストを1周終えていたのですが、気持ちを持って行かれていた(沈)ので、記載が遅くなりました。

長いこと頭打ちしていた状況が、茅ヶ崎に通うようになって、打破出来た気がしています・・・いや、確実に打破したと思います、自分で言うのもなんですが。通い始めた当初は「え?述語・・・ですか?」と言う具合だったことを思えば(汗)。

» Continue Reading

【多聴用】(3か月トピック)聴く読むわかる!英文学の名作名場面

今回のNHK教育・3か月トピックは、かなりイイです♪
英会話と言うより読解の要素が大きいと思うのですが、英国の古典文学を読むと言う点では役に立つと思いますし、個人的にも今、構文の読解がブームなのでちょっと面白いです。あと取り上げた部分を朗読してくださる方も英国人。英国文学をイギリス英語で聴くと言う、何とも贅沢な気がしています(個人的にですけれど・笑)。

今回は、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』。
全然お話を知らないのですが(爆)、女優の内山理名さんが舞台となったハワースを訪れた映像もあり、原作を読み進める際にもイメージし易くなるかもです。Yorkshire Dalesが映っただけでテンションが上がってしまいました(笑)。あと1回再放送がありますので、ご興味のある方は是非☆

次回は、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』。このアリスのモデルが実在していたってこと、ご存知ですか? 私も最近知ったのですが、舞台のオックスフォードにはなんと物語に登場するお店も現存するようです(読み進めていないので、どんなお店か分らないのですが、多分、駄菓子屋さんみたいな感じで、現在はお土産屋さんになっているとか)。

取りあえず録画予約しました(笑)。

教育テレビ
放送:水曜日 午後11:10~11:30
再放送:土曜日 午前5:20~5:40
再放送:(翌週)水曜日 午後1:30~1:50
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。