スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How to Survive Summer Camp

How to Survive Summer CampHow to Survive Summer Camp
(2007/05/03)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

( YL : 4.5、28,000語)
主人公の母親が、再婚者とのハネムーンに出掛ける間、一人娘を強制的にサマー・キャンプに入れてしまうお話です。自分の人生を謳歌すると言うか身勝手と言うか、自立していると言うか・・・。設定としては『Cliffhanger』と同じと言う話ですが、私は読んだ事がないので比較できません。しかし『Cliffhanger』をいずれ購入するつもりだったので、このペーパーバックを図書館で発見した時には『儲けた』と思ってしまったのは事実です。

話としては、3万語前後の冊子にしては苦戦してしまいました。私の好みの問題ですが、活発で謙虚さに欠ける女の子が主役の場合、どうも苦戦しがちです(ピッピとか)。話自体は、良くも悪くもないと言う感じで、淡々といろんな事が起こりながら過ごしました・・・と言う感じです。

通常Jacqueline Wilsonと言えばCorgi社から出版されていますが、このペーパーバックは、Oxford社。表紙から推測できるかもしれませんが、イラストが Nick Sharrattではありません。似た絵を描く方を採用したようですが、何となくそれが逆効果な気がしないでもないです。これも十分に楽しめなかった理由の一つだと思います。

豆知識:
Jacqueline Wilson作品では頻出ですが、他の作品でも良く目にするMars Bar。日本で発売されているSnickersやMilkywayのようなものです。私も大好きなので渡英する人には必ず土産で買って来てもらっています。それからスコットランドにはDeep-fried Mars Barと言うものがチップス屋で売られていると言う話を現地の友達に聞いた事があります。いやいや、これはちょっと挑戦できないものかと・・・。

累計語数:904,812語
スポンサーサイト
TAG :
JacquelineWilson.YL:4

多読をしていて思う事・・・その後。

先週のSkypeでの会話時に『今日はすごく自然な英語だけど、どうしたの?何かやったの?』てな事を言われました。お互いの都合がつかず、3週間ぶりだった為「はて、久しぶりに私の英語を聞いたからそう思った、又は、励ますためかしらん」と思ったので『いや、何にもしてないよ』と答えました。その後、自分の英語表現に注意してみたら、ちょっと前より反応が速いことに気づきました。

その数日前、英会話の後、先生が駅まで車で送ってくれていた時に『TOEICを受験したことが無い生徒さんに教えて欲しいと言われたけど、マニュアル通りに教えても、その人のTOEICレベルが分らない(TOEIC高得点=英語力でないことを知っている)からちょっと難しいかも・・・云々』と言う話になり、それに答えようと、私が以前いた教室でTOEICクラスに参加した時のことを説明ようと思ったのですが、駅ロータリーの目の前であと30秒ほどしかないと分っていましたが、そのわずかな時間で『私、カナダ人の教室で、あなたと出会う前ね、TOEICのクラスに入ったことがあるのね。その時受けた結果が445点だったんだけど、最高得点の人で670点くらい。こんなに差があって公平に学べる訳ないと思った経験がある』と言うのを説明できて『うん、その通り』と言う答えも貰えました。

実は、これらには正直、自分でも驚きました・・・と、ここまで読むと『多読とどない、関係あるねん』と思う訳ですが、これは完全に多読効果だと思っております。

» Continue Reading

Jacqueline Wilsonを読んでて思う事。

別の多読用ブログに記載し続けておりますが、ここ数回、彼女の作品が続いております。私が住んでいる街の図書館のサイトで、書籍を探した所、なんと市内の図書館に1冊だけ彼女の本があることを発見し、予約&引き取りに行ってきました(本日)。なので、この後早速読み始めようと思うのですが、この本を読み終えてもまだ彼女の本を読書し続けると思います。

理由は一つ・・・読み易いから。

もちろん、分らない単語が山ほどありますが、得意の飛ばし読みで読んでもそれほど物語に差し支えない状態です(厳密に言うと違うと思うけど・汗)。精読と言うより速読に近いと思いますが、ちゃんと楽しめているので、全然問題視していません。

» Continue Reading

Girls Out Late

Girls Out LateGirls Out Late
(2007/10/11)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

( YL : 5.5、46,000語)

エリー、マグダ、ナディーンの中学生トリオが活躍するシリーズ第3弾。新恋人の出現に舞い上がるエリー。でも門限破りを注意され外出禁止に…。家族をとるか恋人をとるかの大ピンチ! ~Amazonより~


半年程前に某オンラインショップで発注したにも関わらず、入手困難だったのか全然発送されず、大手書店で見つけたので、即買いし、やっと読めたガールズ・シリーズ第3弾。

上記あらすじを読めば、大体予想がつくような内容だった為、前作よりも入り込めなかったんですが(中学生の恋愛話ですし・・・)、前作、前々作と読んでいる為、設定等を気にせずに読めた分、とても楽でした。前々作を読んで、Jacqueline Wilson好きになってしまい、前作ではちょっと重くて、今回は若干拍子抜けした感じでした。とは言え、笑わせてくれるので結果的には、楽しんで読んだと思います。

次はいよいよ最終巻。すでに手元にあるので近日中に読了できればと思っています。

豆知識:
物語に出て来たBootsと言う場所ですが、これは英国にある薬局(?)、又はソニープラザのようなお店です。

累計語数:867,812語
TAG :
JacquelineWilson.YL:5

9月14日現在の学習記録

先日、自分の中で線引きしたとは言え、学習を辞めたわけではないので、現状を記録する為に記載して置こうとおもいます。

多読
積読本をできるだけ減らすべく、読み進めて行こうと思います。現在、読みレベル5前後の児童書と一般書を中心。昨日、読みレベル4の一般書を読み終えました。久しく集中して多読をやっていなかったので、スピードが落ちていました。読み終えたので、即手持ちの児童書に移りました。感想等は多読用の別ブログに記載済み。サイドバーに表示しておきます。

Duo 3.0
各種試験の為に語彙拡張を行わないとは言え、今後のこともありますから、現在も続けております。実は、これ、多読の為だったりもします。多読をすることで語彙・表現を蓄積できるのが一番の目的ですが、少しだけ近道をしようと思いこの冊子を選びました。

全部やり終えた訳ではありませんが、やっていて6割近くの語彙・表現を既に把握していることが分りました。多くの方が絶賛されているように、この冊子の良い所は、例文がセクション毎に共通していると言う事だと思います。素晴らしいです、もっと早くにすれば良かった。

» Continue Reading

The Curious Incident of the Dog in the Night-time

The Curious Incident of the Dog in the Night-timeThe Curious Incident of the Dog in the Night-time
(2004/04/01)
Mark Haddon

商品詳細を見る

( YL : 4.1、65,000語)

邦題:夜中に犬に起こった奇妙な事件


これは児童書ではなく、一般書だと思います(swearingがかなり使用されていますし)。15歳の自閉症の男の子が犬の事件を解決しようと冒頭で躍起になりますが、それだけでは計り知れない展開になって行きます。ファンタジーではないので、若干生々しい気もしました。彼の目線で全ての話が進むため、非常に分り易いです。途中、いくつか手紙が出てくるのですが、書き手の癖なのか、単語の綴りが間違っていたります。そう言うのが生々しさを表現しているのかもしれません。

物語として、素晴らしい話だと思うのと同時に挿絵ではなく主人公の彼が表現した(描いた?)であろうイラストが多々掲載されており、その感性も素晴らしいです。

読みレベル4だけあってかなり読み易いのですが、スラングを多々使用されているので、その辺で戸惑ってしまうかもしれません。あと、どの本にも言える事ですが、舞台となる国の生活状況等を知っていると尚更楽しめます(ファンタジーの場合は、あまりこの要素は必要ないのかもしれませんが)。ちなみにこの物語の舞台は、英国スウィンドン。ロンドンより少し西の位置になります。

豆知識:
物語で出て来たASDAと言うお店は、英国のスーパーマーケットです。本社の横を何度もバスで通ったことがありましたが、行った事はありません。ちなみに私はMorrisons派でした(笑)。

累計語数:819,730語

いろいろ考えてみて・・・

英語の勉強を辞める訳ではないのですが、色んなことをやめる(省く)ことを決めました。理由は、会社の通訳さんたちとお話をして自分がまだまだだと思ったからです。それで学ぶ方法を色々考えてみて、いろいろ見えてきたので、決意表明、というとまたそれが重荷になるので言いません。ただ分ったことは、楽しく定着させるのが一番かと思いました。

» Continue Reading

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。