スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語

関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語
(2012/03/20)
関谷 英里子

商品詳細を見る

図書館で見つけたので、読んでみました。
昨年、NHKで放送された「ビジネスパーソンのための実践!英語でしゃべらナイト」で講師をされた回を元にビジネスで使用できる英語表現がたくさん掲載されていました。
先日読了した「その英語、こう言いかえればササるのに!」と少し似ているのですが、“その表現が間違っている訳ではないけれど、こう言った方が印象が良い”と言うような感じの為、今回もなかなか良いフレーズにたくさん出合えたので、早速メモ帳に記載した次第です。

すぐに使えそうな英語表現だけでなく、ラジオ講座「入門ビジネス英語」でも聞くことができる「Eriko's Memo」と同様の内容が掲載されており、「なるほどな」と思う事も多々ありました。それからメールでPleaseやI'd likeは1回だけにするために代替表現として使いまわしができる英文が掲載されていたり、ビジネスにおいて英語を使う場合に注意する点なども掲載されているので、これから英語を使う方には役に立つ書籍かと思いました。
スポンサーサイト

その英語、こう言いかえればササるのに!

関谷さんの書籍はこれで3冊目ですが、新書版と言う事だったので、すぐに読むことができました。

その英語、こう言いかえればササるのに! (青春新書インテリジェンス)その英語、こう言いかえればササるのに! (青春新書インテリジェンス)
(2013/08/02)
関谷英里子

商品詳細を見る


主にビジネスにおいて、言いたいことをどの様に英語で表現するかと言う事に特化した内容となっております。なかなか言えそうで言えないよろしい表現が適度に詰まっており、日本語=英語と言う訳し方(直訳)でなく、発想の転換でこの様に伝えると理解して貰えると言うスタンスで構成されています。なので「あぁ、なるほどな」と言う表現や慣用句が多々あり、思わずフレーズ帳(良いと思った表現を書き記す自分用のノート)に書き記しました。

殆どが簡単な英会話で表現されていますが、ちゃんと堅い言い回しも掲載してくれているので、使い分けも出来ると思いますし、仕事で使っている英語の言い回しがマンネリ化した時になんかに非常に役立つかと思います。

あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中

結構前に読了していたにも関わらず、感想を記載していなかったので、慌てて投稿(関谷さんの他の書籍を読了したもので・汗)。

あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中
(2013/03/27)
関谷英里子

商品詳細を見る


個人的にですが、これまでに通訳の訓練に特化した方法で、いろいろ英語の学習方法を模索して来ましたが、それらをわかり易く掲載してくれたのが、こちらの書籍かと思います。シャドーイング、リテンション、パラフレーズと通常、英会話を学ぶ際にここまでやらなくてもそこそこ意思疎通ができるレベルになるかと思いますが、本当に英語力と言うものを武器にしていこうと思う場合は、これらの訓練は必須になってくるかと思います。

それから「必要なスコアを取ったらTOEIC卒業」と言う事にも、著者がそのツールで儲けようとしている訳ではないようなので、その点もすごく良かったです。実際に、知り合いの通訳さんや茅ヶ崎で英語を使用して仕事をしている方たちからもTOEICを受けたことがない発言を良く耳にします。なので私ももうそろそろ・・・と言いたい所なんですが、月謝割引を維持するためには、少なくとも2年に1度は受験せざるえない状況なので、卒業は残念ながらできません(他の生徒さんにも勧めましたが、受けてまで割引・・・と拒否されましたが・汗)。でも1級取ったら止めても良いかな(いつ取得できるかは未定・・・未知w)。

少々脱線しましたが、本気で英語力を上げたい、英語に特化した仕事をして行きたい、と言う方は読んでみるのも良いかと思います。

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルールTOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール
(2011/10/26)
小熊 弥生

商品詳細を見る


1年以上も前に購入し、且つ数か月も前に読了していたので、若干内容を忘れている気がしないでもないですが(他の書籍と混じっているかも)・・・。

タイトルを読んで「えっ、半年で500点以上も上がるの!?」と、思ってしまいますが、ぶっちゃけ、それだけ点数上げようと思うと、それなりに努力をせんといかんのですよ、と言う内容が書かれております(当たり前ですが)。通して読んでみて、やっぱり貪欲にやらないと伸びるモノも伸びないよな、と思いざるを得ないのですが、英語を始めた頃、恥ずかしげもなく、著者と同様になりふり構わず、パブなんかで声を掛けまくって、話す機会を見つけようとしていた事を思い出しました。今となっては、迷惑甚だしい事なので、やってはいけないと思いますが、そこまでしなくとも、英会話スクールなんかでネィティヴ講師のやりたい様にやらせず、質問攻めとかするくらいの貪欲さは必要かと思います(英会話スクールはリスニング力を鍛える所ではなく、スピーキング力を鍛える場所です)。

ただ、ちょっと残念だと思ったのは、タイトルにTOEICと言うモノを盛り込んでしまった事かと思います。途中にTOEICに特化したページを設けてはりましたが、そう言うものにページを割くのではなく、勉強方法をもっと記載して頂いても良かった気もします(TOEICに特化した書籍は山ほど発行されておりますので)。しかも、著者が飛躍的に英語力を伸ばせたのは、TOEICではなくTOFELの勉強したからと何度も言ってはったので、TOFELでTOEICが伸びますよと言うことをもっと書いても良かったような気もしています。

しかし、目からうろこな事も結構書かれていましたし、実際に気づかず実践していた事が、実はこんな風に効果があると言うような事も記載されていたので、個人的に読んでよかったと思っております。

えいごのつぼ (まなびのつぼ)

えいごのつぼ (まなびのつぼ)えいごのつぼ (まなびのつぼ)
(2011/02/24)
関谷 英里子

商品詳細を見る


この4月からラジオ講座を2本始めております。そのうち1本が、この著者である関谷英里子さんの講座なのですが、この方の肩書によく用いられる“カリスマ”と言うものにちょっと偏見があります。なんでもかんでも“カリスマ”と言えば良いと言う風潮に。そんな訳で彼女の書籍や講座を少々敬遠していた節もあるのですが、1月放送の「実践!英語でしゃべらナイト」に出演された際に、彼女の英語がイギリス英語だと言うことに気づいて以来、ちょっと気になり始めて講座を聞いてみたり書籍を図書館で読むようになりました。

そんな訳で、その第1弾としてこちらを読了してみましたが、私が個人的に日頃実践してみたり、考えてみたりすることと同じような事が多々書かれていたのでビックリでした。例えば、私の場合、いつも適当に単語は“良い意味”か“悪い意味”かくらいしか覚えていないことが多いのですが、それでも大丈夫っぽいのです(いや、それが正しいとは書いてませんので、そんなニュアンスでOK的なくらいです)。あと「あ、またお会いしましたね」と言う感じで、単語と親しむ(親しむとは書いてません)。他には、発音よりアクセント(ストレス)重視で発音をするとか、恥をかいた方が良いとか・・・私のゆるゆる学習法と同じような事がかなりの割合で記載さいれていたので、この学習法で良いんだと、ちょっと自信を持ったりしました。

しかし、結果として彼女の場合、世界の一流講演家の同時通訳をするレベルに対して、私の場合、毎日十数件のメールのやり取りに対して、頭をひねり倒している始末・・・やっぱり努力が必要なんだと言うことは、痛感(爆)。とは言え、英語に対する心構えは、ストレスなく出来てるっぽいので、合格と致します。

キクタン Super12000

キクタン Super12000―聞いて覚えるコーパス英単語 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)キクタン Super12000―聞いて覚えるコーパス英単語 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
(2006/07/10)
一杉 武史

商品詳細を見る

最近、“ほぼ毎日”ウォーキングしており、そのお供の為に購入してみました。
本棚を見ると、えぇ、もうゴッソリと音源付きの書籍がありますよ、且つ、『キクタン、あんまり好きじゃないって言ってなかったっけ?』と、自分でも思うのですが、これがこれが。

まず、音源付きの書籍の文章は“聞き取る為”のものであって、路上で聞き取ろうとすると結構危ないことがあります。当初はPodcastを聞いたりもしましたが、ある日、MP3プレーヤーに入れてあった英検準1級様のキクタンを聞いてみた所、あのちょっと苦手なリズムがウォーキングのペースに丁度良いことを発見(若干早歩きできるペース)。なので、準1級版を当面使用しようかと思ったのですが・・・少々飽きていたので、“ほぼ毎日”頑張っているし、図書カードもあるし、ちょっとでも楽しくなればと思い、こちらを購入いたしました。

本当は、英検1級版を購入しようかと思ったのですが、おこがましいと思い、こちらを手にとって眺めてみたら、現在茅ヶ崎で使用しているテキストでよく出合う単語が結構記載されている&準1級~1級なので、こちらにしてみました(1級はこれが出来るようになってからで良いかと)。

ウォーキングのペースを維持する為にリズムを聞くことが前提で、その間に1つでも覚えられれば儲けたと思う程度なので、ガッツリ暗記に使用はしていません。とりあえずまだ最初の方なので6割前後は既に記憶済、今後苦しくなるかもしれませんが、あくまでウォーキングの共として使用して行こうと思います(本来の使い方と異なりますが)。

究極の英語リスニングWORLDWIDE

会社で、ほぼ毎週金曜日に海外から電話が掛かって来ます(今日も掛かってきましたよ)。
で、ほぼ80%の確立でインドからの電話なんですよ。残りはシンガポールやオーストラリアなど。
ご存知の方も多いかもしれませんが、インドの訛り・・・これがまぁ、なかなか手強い。
但し、インドの方の英語事態は非常に優秀で、他のアジア圏の方に比べると群を抜いて素晴らしいと思います(英国式ですし)。なのでメールでは、本当読み易くて楽なんですが、メールを送った旨の連絡を必ず電話でして来ると言う・・・そして、メールの内容を電話口で話す・・・結構しつこい(笑)。電話は、少々高度な為、苦手な上にあの訛りを聞くためにものすごく集中するのですが、ちょっと気を抜くと全く聞き取れなくなると言う事態に(絶対に向こうは向こうで「日本人英語めっ」と思っていると思いますが・汗)。

そこで訓練する為にも、某書籍に手を出してしまいました。

究極の英語リスニングWORLDWIDE―Standard Vocabulary List1-6 6000語レベルで世界に究極の英語リスニングWORLDWIDE―Standard Vocabulary List1-6 6000語レベルで世界に
(2010/09/30)
英語出版編集部

商品詳細を見る


正直に言うと、収録音源は非常に聞き易くなっていると思います(インドに関しては)。ここ2ヶ月くらいの間に5~6人のインドの方と話しましたが、それはもう・・・大変。けれどもインド訛りを克服する為の足がかりになる事間違い無しかと思います。
収録されている訛りは、英米加豪に加え、インド、ドイツ、フランス、英国(コックニー)、ロシア、ブラジル、中国、米国(南部)。
フランス、ロシア、ブラジル以外は、多少なりとも携わっているので、「そうそう」などと改めて確認できたりで、ちょっと楽しかったりしました。

もし、このシリーズの続編が出るのなら、もっとアジアに特化したもので出して欲しいです。例えば、韓国(韓国の方は、非常に発音がきれいですが)、中国、ベトナム、シンガポール、タイなど。いわゆる4大英語圏の方から英語を聞くと言うよりも、(仕事などの場合は)確実にアジア圏の方と話すことの方が断然多いと思いますので、是非出版して頂けたらと思います(もう一回、インドもお願いしたい)。

文法(中学から高1くらい)をやってみた。

中学3年間の文法を見直そうと思い、まず手にしたのがこちら。

Mr. Evineの中学英文法を修了するドリルMr. Evineの中学英文法を修了するドリル
(2007/06/02)
Evine

商品詳細を見る

30日で中学文法を修了するドリル形式なんですが、ダラダラやってしまった為、約3ヶ月も掛かってしまった・・・(汗)。この書籍は、その日に学習する内容説明が各日にちの冒頭にあり最後前日分の内容をテストにしたものと当日学習したもののテストがあります。その形式で29日間に分けて修了して行き、最後の日に総合テストがあり、得点によってランクが別れます。ちなみに76点のGrade Dだった私・・・酷い(爆)。テスト中に「アレ、アレ、アレのことやねん」とうちのオカンみたいな状態になりながら解いてしまった・・・。ちなみに制限時間60分の所、20分程度で解いてしまったので、見直してればちょっとはましだったかも(Grade Cくらいには・笑)。
30日で解くべきものを30日で解いていれば、使用期間中に3周くらいできたはずだと思うと反省せざる得ない(沈)。

では、何故にそんなに時間が掛かったかと言うと、途中で違うものに手を出したからであります(汗)。

Mr.Evineの英文法ブリッジコース[中学修了→高校基礎]Mr.Evineの英文法ブリッジコース[中学修了→高校基礎]
(2009/04/24)
Evine

商品詳細を見る

上記ドリルをやっていて、中学文法だけだと少々物足りなさを感じてしまい(最初の方は易しいですから・・・)、同作者のこちらを入手して、目から鱗が落ちまくってしまったのです。過去に色んな所で賞賛されている文法書を手にしたり、本屋でちら見して来ましたが、こちらが今の私に一番ピッタリでした。求めていたのは、中学~高校1年生の範囲のものだったので。こちらも上記のドリルと同じ形式で、各々の冒頭に中学版と高校版の説明があり後半にテスト(チェック)があります。中学版の所では分っていても高校版の所でチンプンカンプンと言う事態が起こり、自分の弱点が明らかになったのですが落ち込むと言うより、非常に儲けた気分になりました(案外分っているようで分っていない所、逆に苦手だったことが分っていたりと明確に)。この手の文法書は、センター試験や受験に特化したものが多いかと思いますが、この作者の書籍、両方ともそれほど焦点を受験英語に合わせている気がしなかったと思います。「テストに出るからここポイント」と言うより純粋に文法を解説していたような気がします。こちらも1周しかしていないのですが、2周3周とやって行こうと思います(電車勉に丁度良かったので)。

上記が終わったので、とりあえず先日入手したEssential Grammar in Useをちょろちょろっと始めてみようかと思います。

伊藤サムと読む ニュース英語入門 1


伊藤サムと読む ニュース英語入門 1伊藤サムと読む ニュース英語入門 1
(2010/06/25)
伊藤 サム

商品詳細を見る

本日、本屋さんで“買ったは良いものの、最後まで読まないので極力買わないでおこう”といつも思う『AERA English』を買ってしまいました・・・理由は、伊藤サムさんが沢山掲載されていたからです(笑)。なので今回はしっかり読もうと思います(爆)、そんなことよりも以前に読了していたこの書籍を記載するのをすっかり忘れていたので、この機会に記載しておきます(汗)。

これからニュース、特に英字新聞を読んでみようと思う方には、非常にお薦めです。英字新聞は、一見難しいと思われるかもしれませんが、実は慣れると非常に楽チンな読み物なのです。私も以前は、全然読めませんでした・・・読みたいとも思いませんでした(爆)。でも多読で長い物語を読むよりも楽なことに気付いた時から大好きになりました(英字新聞については、また次回)。

で、この書籍なんですが、出版社がThe Japan Timesで、且つ元編集長でもあるサムさんが選りすぐりのニュースを取り上げている為、非常に分り易いです。個々のニュースで注目すべき箇所にも詳細が記載されている為、背景知識が無くても分ります。おまけにこの1巻(?)には、英字新聞で使用される見出しの法則を丁寧に教えてくれます(ちなみに2巻は、反訳について←まだ買っておりません・汗)。音源も通常のペースに加えてゆっくりペースのものがある為、シャドーイングの教材としても使用できると思います。

本当、サムさんの書籍は良書だわ。『やさたく』といい『プロになる』といい、私にはすごく役に立っています。

英語は「やさしく、たくさん」


英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)英語は「やさしく、たくさん」―中学レベルから始める「英語脳」の育て方 (講談社パワー・イングリッシュ)
(2003/12/12)
伊藤 サム

商品詳細を見る

以前、どこかの記事にも書いたかもしれませんが、私、NHK『ビジネス英会話』に時々講師として出て来る伊藤サムさんが大好きなんです♪
過去に大好きだった方と言えば、ドミニク・チータムさんくらいで、あんまり講師で書籍を選ぶ事をしないのですが、この伊藤サムさんの書籍をできるだけ読んでみたいと言う衝動にかられています、まさに今(笑)。
で、手始めに図書館で調べたら(買わないと言う・・・ごめんなさい、サムさん)何冊か見つけて、リクエスト待ちなどもあったのですが、こちらは比較的早く手元に届きました。

タドキストの皆さんには、この「やさしく、たくさん」(サムさん的に言うと「やさたく」)の概念は、すぐに把握して頂けるかと思います。但し、こちらの場合は、ちゃんと英文法も学びましょうと言うことも含まれています。これは、私も多読をやっていて勉強した方が良いのではないかと思っていました。

» Continue Reading

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
(2006/10)
森沢 洋介

商品詳細を見る

『えぇっ、今さら!?』
と言うくらい大人気のこの書籍。思い起こせば2年前、通訳さんにこの方のサイトを紹介して頂き、活用するとかなり良いと言うことを教わっていたにも関わらず、全然活用しておりませんでしたよ(汗)。

» Continue Reading

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。