スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Vampire Prince

The Vampire Prince (The Saga of Darren Shan)The Vampire Prince (The Saga of Darren Shan)
(2002/02/04)
Darren Shan

商品詳細を見る


(YL:5.5、37,076語)

邦題『ダレン・シャン〈6〉バンパイアの運命』:バンパイアマウンテンを逃げ出した主人公ダレンは、仲間の危機を救うため、死刑を覚悟で戻ってしまいます。知恵と勇気で闘ったダレンに、意外な運命が待ちかまえていたのです。~Amazonより~


5巻の最後で展開し始め、その後、中途半端な終わりだった為、引き続き6巻を読了してしまいました。

いい感じで展開してくれるので、サクサク進み、これまでに所々、散りばめられた事が伏線だったんだと思える箇所が幾つかありましたが、この展開になる迄に長い道のりだった為、気付いてもそれほど嬉しくなく、2巻分くらいにまとまっていたら、もっとワクワクしながら読めた気がします。

ネタバレにならないように、お話の展開は記載しませんが、意外な結果と言う感じでした。

引き続き7巻以降を読むのかは、まだ決めていませんが、この機会にこのシリーズを読了して処分したいので、早いうちに読了出来ればと思います。
スポンサーサイト
TAG :
Series.DarrenShan

Trials of Death

Trials of Death (The Saga of Darren Shan, Book 5)Trials of Death (The Saga of Darren Shan, Book 5)
(2011/03/21)
Darren Shan

商品詳細を見る

(YL:5.0、39,340語)

邦題『ダレン・シャン〈5〉バンパイアの試練』:主人公ダレンに、バンパイアとして一人前として認められるための厳しい試練が課せられます。瀕死の重傷を負いながらも試練をくぐり抜けたダレンですが、予想もできないことが・・・。~Amazonより~


4〜6巻で一つのお話になっている事を知っておきながら、5巻を読み進めなかった理由が、読み進めるにつれて分かって来ました・・・というか、4巻読了後、途中まで読んでいたっぽい(2番目のTrialsくらいまで)。ネタバレになるので、詳細は書きませんが、このTrialsつうのが、この5巻の中だるみポイントで、もう少し端折るか、2つくらいだったら、当時、読了できていた気がいたします。

そんな感じで読み進め、残り5章位で展開し始め、そして「えぇっ、そんな感じで終わるの?」と言う事態になった為、引き続き、6巻を読む事にいたします。

この5巻で読むのが萎えてしまいそうになりますが、6巻への序章(長いw)と思えば、頑張れるのではないかと思います(6巻が面白くなる事を前提として)。
TAG :
Series.DarrenShan

Vampire Mountain

Vampire Mountain (The Saga of Darren Shan)Vampire Mountain (The Saga of Darren Shan)
(2001/06/04)
Darren Shan

商品詳細を見る

( YL :5.5、35,605語)

邦題『ダレン・シャン〈4〉バンパイア・マウンテン』:半バンパイアの主人公ダレンは、バンパイアの仲間として認知されるために、クレプスリーらとバンパイアマウンテンに向かいます。道中で危険な目に遭いながら行き着いた所で見たものとは・・・。 ~Amazonより~


もう完全に“伏線”。3冊分が一緒になったお得な仕様のものをガッツリ読み続けた方が、気分的に読みやすいと思いました(ページが減るごとに『あれれ、このまま展開とかしないで終わるんじゃ・・・』とか考えなくて済みます)。なので引き続き5巻に突入・・・。

Vampire Rites Trilogy (Saga of Darren Shan)Vampire Rites Trilogy (Saga of Darren Shan)
(2004/02/02)
Darren Shan

商品詳細を見る


お気に入り度:★★☆☆☆
※4~6巻で一括りとなるようなので、これは4巻を読み終えた時点での評価です。

累計語数:1,692,159語 と 129,120語くらい
TAG :
Series.DarrenShan

Tunnels of Blood

Tunnels of Blood (Saga of Darren Shan)Tunnels of Blood (Saga of Darren Shan)
(2005/11/21)
Darren Shan

商品詳細を見る

( YL : 5.5、38,600語)

邦題『ダレン・シャン3―バンパイア・クリスマス』:友情のために半バンパイアとなった主人公のダレン少年が、またもや奇怪な事件に遭遇します。スリルあり、サスペンスあり、そして淡い恋が生まれる波瀾万丈のストーリーに、読者の熱い支持が集まってきた児童文学です。~Amazonより~


最近、多読のスピードが上がっているのか、以前より早く読めるようになった気がします(たぶん)。そろそろ、このシリーズも進めておこうかと。前回(2巻)、こちらでどうぞ。

実は、途中で何度か投げかけました(爆)。単語も少し難しい物がありますが、全部が全部でないので、読み進める事は難しくありません。とりあえず4部作(3 冊づつ)の1部を読み終えたので、ホッとしています。読み終えたらSSSに登録しているのですが、ここ最近の10万語毎のタイトルが、何とDarren Shan(笑)。次回50万語通過の際にまた読めればと思います。

» Continue Reading

TAG :
Series.DarrenShan

The Vampire's Assistant

The Vampire's Assistant (The Saga of Darren Shan)The Vampire's Assistant (The Saga of Darren Shan)
(2000/05/30)
Darren Shan

商品詳細を見る

( YL : 5.5、41,598語)
一度、Alex Shearerの本を読みかけたんですが、やっぱりコレ、読んでおこうと思いました(12巻までありますし・・・)。私の中でのLarten Crepsleyは、Bill Nighyなんですが、映画版『Cirque Du Freak』だとJohn C. Reillyと言う米俳優らしい・・・。ちなみにMr.Tallは渡辺謙だそうです(←多読とあんまり関係ない情報ですね・汗)。

前半~中盤に掛けては淡々としていた為、読み進むのが若干苦労してしまいましたが、後半は・・・残酷な描写が苦手な方にはお薦めできない作品ですが、最終的には、面白い作品だと思いました。1巻よりも若干単語が難しくなると思いますが、1巻を読めたなら問題なく読めると思います。
TAG :
Series.DarrenShan

Cirque Du Freak

Cirque Du Freak (Saga of Darren Shan)Cirque Du Freak (Saga of Darren Shan)
(2005/11/21)
Darren Shan

商品詳細を見る

( YL : 5.3、48,726語)
ようやくダレン・シャン・マラソンの開幕です(笑)。とは言え、現在手元にあるのが4巻までなので、取りあえずこの1巻を読み切ろうと思っています。実は、この本、4年前に購入し、一度読んでいますが、Harry Potter同様ちゃんと把握していなかったに違いありません(笑)。どれだけ理解力が上がっているか楽しみだ♪

いやぁ、本当に面白かったです。英語のレベルも苦痛じゃなかったので、かなり楽しかったです。ホラー的な要素が多いですが、嫌いでない方は、是非お薦めしたい物語だと思います(まだ1巻しか読んでませんが・汗)。
TAG :
Series.DarrenShan
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。