スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jumanji

JumanjiJumanji
(1981/04/27)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る

(YL : 2.5、1,789語)

邦題『ジュマンジ』:ピーターとジュディがみつけたゲーム「ジュマンジ」。たいくつしのぎにはじめたとたん、いきなり辺りの様子が一変。突如熱帯の気配が立ちこめ、台所に猿が現れ、嵐が起こり…。~Amazonより~


昔、『Nightmare before Christmas』の映画を観に行ったにも関わらず、すでに上映が終了しており、仕方がなくこの『Jumanji』を観たことがあります(汗)。で、今回、原書で読みましたが、Allsburgさんの作品と知りませんでした。さすがAllsburgさんの素晴らしい絵の数々。たぶん彼は、静止したものを描くと言うより、動きのあるものの瞬間を描くことができるので、リアルな仕上がりになるのかと(勝手に分析・笑)。なので、白黒なのにカラーに見えました。

お気に入り度:★★★☆☆

累計語数:2,665,033語
スポンサーサイト
TAG :
ChrisVanAllsburg

The Stranger

The StrangerThe Stranger
(1986/10/28)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る

(YL : 2.5、915語)

邦題『名前のない人』:一人の男性が、事故によって記憶を無くしてしまった。加害者である男性の家族と一緒に暮らす事になった。楽しく家族と過ごしていたが、ある日、ふと何かを思い出す・・・。


この表紙・・・見方によっては、何やらオドロオドロしいので、方々でこの絵を見る度「なかなかシュールなお話」に違いないと踏んでいたのですが、少々的が外れたようです(いや、考え方によっては、シュールなのかも)。毎回Allsburg氏の絵本を読むと、全てではありませんが、所々で「あれ、写真?」と思ってしまう絵に出合います。この感じ、ちょっと好きなんです。なので他の作品も読んでみたくなってしまいます。

お気に入り度:★★★☆☆

累計語数:2,647,770語
TAG :
ChrisVanAllsburg

The Wreck of the Zephyr

The Wreck of the ZephyrThe Wreck of the Zephyr
(1983/03/23)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る

( YL : 2.5、1,318語)

邦題『西風号の遭難』:崖の上に小さなボート、どうやってそこに行ったのか。そこにいた老人が『嵐の日に、高波がそこに連れて行った・・・けれど、もう一つ説がある』と言う。有能な船乗りを目指していた少年を嵐が連れ去り、そこで彼は水面高く移動する船を見つけた。


Allsburg氏の素晴らしい作画、且つイラストが大きいので、壮大なファンタジーを読んでる気分になりました。

お気に入り度:★★★☆☆

累計語数:1,938,735語 と 129,120語くらい
TAG :
ChrisVanAllsburg

Just a Dream

Just a DreamJust a Dream
(1990/10/29)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る

( YL : 3、1,670語)

邦題『ゆめのおはなし』:ある晩ウォルターのベッドが未来へ飛んだ。でも、あたりのようすが、どうもおかしい。このままベッドが元の世界に戻らなかったらどうしよう…。ファンタジーの手法を駆使し、環境問題という難しいテーマを美しい絵とわかりやすい文章で見事に描き出して、世界中で評判になった絵本です。~Amazonより~


いやぁよかった。話が深い。しかも絵が素晴らしい。
ストレートにこうだ!と言う風に環境問題のことなどを描いている訳ではないのですが、視覚的にインパクトがある気がします(美しい絵なのに切実な問題を抱えている感じ)。私はてっきり少年が見た“単なる夢の話”だと思って読み始めました。この手の絵本に出合うと本当、文面で読むより考えさせられる気がします。

お気に入り度:★★★★☆

累計語数:1,816,930語 と 129,120語くらい
TAG :
ChrisVanAllsburg

The Polar Express

The Polar ExpressThe Polar Express
(2009/10/01)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る

( YL : 1.2、1,050語)

邦題『急行「北極号」』:クリスマスイブの夜、眠らずにサンタクロースを待っていたひとりの少年が、ほかの子どもたちと一緒に北極点への旅に出る~Amazonより~


クリスマスに読みたかった・・・。この作者、素晴らしいです。多分、パステル画だと思いますが、本当、描写がリアルで。お話も素敵ですし、大判の絵本で読む価値ありの作品だと思いました。

累計語数:1,536,788語 と 1,120語くらい
TAG :
ChrisVanAllsburg
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。